スタッフブログ

BLOG

求人トピックスからお仕事エピソードまで
スタッフ発の最新情報ブログです!

トッパンフォームズの委託求人や事務派遣の仕事について、
具体的なイメージをつかみたい方向けに配信するスタッフブログ。
現場の生の声や、業界の最新事情など求人や仕事に関するお役立ち情報をお届けします!

最新求人ニュース

2022/08/19

特別なスキルは不要!民間企業にはない官公庁・自治体での仕事の魅力

トッパンフォームズの「JOB-CUBE」で人気が高い、官公庁・自治体の事務職求人。安心・安定というイメージがあるお仕事は、実際にはどんな業務内容なのでしょうか。

今回は、民間企業にはない、官公庁・自治体でのお仕事の魅力をお伝えします。

官公庁・自治体のお仕事の内容

官公庁・自治体は、国民や住民のために各種行政サービスを提供しています。利益を追求するサービスではなく、地域住民の暮らしを豊かに、便利にするものです。

お仕事内容は、働く場所によってさまざまです。一例として、2022年8月現在「JOB-CUBE」で求人を募集している都内区役所のお仕事を見てみましょう。

●募集職種

住民票などの各種証明書発行窓口スタッフ

●仕事内容

・申請窓口にて来所者受付(必要書類の種類・枚数・記載範囲等の確認、本人確認、専用端末への入力)
・窓口後方にて専用端末を使用した証明書の作成・出力
・お渡しカウンターにて証明書のお渡し、手数料受領・レジ操作

窓口スタッフなので接客はありますが、営業する必要はありません。端末への入力も、入力やマウスの操作ができればOK。基本的な応対マナーとPCスキルさえあれば、経験がなくてもできる内容となっています。

官公庁・自治体のお仕事の魅力

官公庁・自治体のお仕事は、基本的に定時で終わることがほとんど。窓口業務の場合は受付終了時間が決まっていて、窓口が閉まれば仕事はおしまいです。

最近では行政サービス向上のため、土日に窓口を開設している場合があるものの、基本的に土日祝日は休みにしている職場が大半です。定時に帰れることが多く、休日出勤もないので、ワークライフバランスを取りやすいお仕事といえるでしょう。

入力の仕事は一つひとつが小さな作業でも、れっきとした公的サービス機関のお仕事です。自分の仕事が社会に貢献できていることを実感できるのも、官公庁・自治体のお仕事の魅力です。

官公庁・自治体のお仕事の大変な点

窓口業務では個人情報を扱います。守秘義務の遵守など、ルールを厳守しなければなりません。

実際に窓口で応対するのが業務委託先の社員であっても、来館者にはわからないものです。行政サービスの顔となる自覚を持つ必要があります。

行政手続きにミスは許されません。手続きの流れなど覚えることはたくさんあり、慣れないうちは大変でしょう。しかし、仕事を通して学んだ内容は、今後の人生に役立つ一生モノの知識になります。戸籍のしくみなどは、知っているようで知らないものですよね。

官公庁・自治体の仕事はお給料だけでなく、将来必要になる知識を得られる、一挙両得なお仕事なのです。

官公庁・自治体のお仕事に向いている人

官公庁・自治体のお仕事は基本的に残業が少ないので、仕事以外のプライベートな時間を大切にしたい人や、家庭と両立させたい人におすすめです。

基本的に事務作業が中心となるため、創造性やオリジナリティーを求められることはありません。コツコツ地道な作業ができる人に向いています。

高度なPCスキルや営業スキルを要求されることもありませんので、事務経験がなくても大丈夫。安心感のある環境でマイペースにお仕事をしたい方には、官公庁・自治体のお仕事はピッタリです。

ご興味をもったら、ぜひ「JOB-CUBE」の求人情報にアクセスしてみてください!

上部へ